イベントを読み込み中
WEB

DOMMUNE 映画『ショック・ドゥ・フューチャー』公開記念番組 L'Analyse de「LE CHOC DU FUTUR」

DOMMUNE 映画『ショック・ドゥ・フューチャー』公開記念番組 L'Analyse de「LE CHOC DU FUTUR」

映画『ショック・ドゥ・フューチャー』公開記念!1978年における“未来の衝撃”とはなんだったのか?エレクトロニック・ミュージックのパラダイムシフトを語る!!!!!

8月27日(金)より公開のフランス映画『ショック・ドゥ・フューチャー』が舞台とした1978年は、電子楽器が世の中に普及し始めた時代を描いている。この年、日本の電子楽器メーカー・ローランドは、コンピュータ技術を導入したリズムマシン「CR-78」を発売。これまでの楽曲制作に大きな影響を与えた。同年はまた、日本で細野晴臣、坂本龍一、高橋幸宏によりYMOが結成された年でもある。YMOはシンセサイザーの多重録音によるスタイルで「テクノポップ」を流行させ、以後、テクノポップという言葉は、YMOのワールドツアーなどを通して国際語にまでなってゆく。
そんなエレクトロ・ミュージックの世界的なブレイク前夜。フランス・パリで未来的な⾳の響きに⼼躍らせる女性ミュージシャンのアナと友⼈たちの音楽制作のある1日を描いたのが映画『ショック・ドゥ・フューチャー』だ。主演は映画監督のアレハンドロ・ホドロフスキー(『エル・トポ』)を祖父に持ち、モデルとしても活躍するアルマ・ホドロフスキー。監督は⾳楽ユニット「ヌーヴェル・ヴァーグ」の活動でも知られるマーク・コリン。スロッビング・グリッスル、スーサイド、ディーヴォ、ザ・フューチャーakaヒューマン・リーグなど、70年代後半を象徴する楽曲の数々も聴き逃せない。映画の公開を記念して「1978年における“未来の衝撃”とはなんだったのか?エレクトロニック・ミュージックの転換点」をテーマに語る!

映画『ショック・ドゥ・フューチャー』について

エレクトロミュージック全盛期を目前にした1970年代後半のフランスを舞台に、男性優位の音楽業界で新しい音楽の可能性を探る若き女性ミュージシャンを描いた青春音楽映画。1978年、パリ。若手ミュージシャンのアナは依頼されたCMの作曲に取り掛かるが、納得のいく仕事ができずにいた。そんなある日、アナは見たこともない日本製の電子楽器に出会い、理想のサウンドへのヒントを得る。主演はアレハンドロ・ホドロフスキー監督の孫で、「アデル、ブルーは熱い色」などに出演したアルマ・ホドロフスキー。音楽プロジェクト「ヌーヴェル・ヴァーグ」の活動でも知られるマーク・コリンが監督・脚本・音楽を手がけた。

原題:Le choc du futur
監督:マーク・コリン
出演:アルマ・ホドロフスキー、フィリップ・ルボ、クララ・ルチアーニ、ジェフリー・キャリー、コリーヌ 他
作品詳細:2019年製作/78分/PG12/フランス
配給:アットエンタテインメント
公式サイト: https://chocfuturjp.com/
コピーライト:(C)2019 Nebo Productions - The Perfect Kiss Films - Sogni Vera Films

イベント情報

※新型コロナウイルスの感染拡大を重く受け止め無観客配信と致します。

日時

2021/08/27 (金)
19:00 - 23:30

トーク出演

宮沢章夫
野田努(ele-king)
宇川直宏(DOMMUNE)
RAM RIDER
マイカ・ルブテ

オンライン出演

MARC COLLIN(from PARIS /『ショック・ドゥ・フューチャー』監督)

DJ

MOODMAN|MOODOMMUNE #23 / BROADJ#2988

配信YouTubeチャンネル

https://www.youtube.com/user/dommune/featured
※スーパーチャットでの投げ銭が可能です。

イベント詳細

https://www.dommune.com/streamings/2021/082701/

関連情報

詳細

日付:
8/27
時間:
19:00 - 23:30
サイト:
Webサイトはこちら

UPCOMING