BLOG

2015/9/3(Thu)
BLOG

映画メモ ソロモンの偽証

映画メモを個人的に付けているのですが文章を書く修練としてblogでもときどき公開することにしました。新作、旧作、映画館での鑑賞、DVDなどバラバラですが基本的に旧作、準新作が多めかもしれません。未鑑賞の方でも大丈夫なネタバレなしパートと鑑賞した人向けのネタバレパートに分けてます。自分自身の思考メモと気分転換を兼ねていますので点数はつけません。映画タイトルをクリックするとWikipediaに飛ぶようになってますが、作品によってはあらすじ部分に結末まで書かれている場合もあるのでご注意ください。僕が書く方のあらすじは手抜きをしているのもありますが僕が映画を観るときに「最低限それぐらいしか知りたくない」程度の情報にまとめています。また作品に合わせ原作を読むことも多いですが基本それらの比較はしません。第一回は2015年の日本映画「ソロモンの偽証」です。それではスタートだよ~。

ソロモンの偽証 宣伝ポスター

ソロモンの偽証 

あらすじ
1990年12月25日の朝、ある中学校で前日から降り積もった雪の中から少年の遺体が見つかる。発見者は同じ学校に通う二人の生徒。警察では自殺と断定されるが、関係者に次々と「死因は自殺ではなくいじめによる転落死である」という趣旨の怪文書が届きはじめ、事態は生徒、教師、保護者、警察、マスコミを巻き込んだ事件へと発展する。

前編と後編で評価がかわる作品
最近邦画で増えている前後編上映。長尺ということで長編小説や連載マンガなど原作の要素をできるだけ省略せずに描ける反面、上映料金や後編上映までの興味の持続など鑑賞する側のハードルも高くなる。この作品は少年の遺体発覚を引き金に第二の事件が起き、それらを受けて生徒たちが解明のために自主的に立ち上がる「前編・事件」と、生徒たちが大人たちを説得し体育館を使って真犯人を追求する「後編・裁判」に分かれており、両作足して267分の大長編。原作との比較はしない、と書いたけど宮部みゆきの小説自体が700P超の単行本が3冊という大変長い作品なのでこれでもいろいろ要素が削られている。特に前編上映時の評価が非常に高く、気になってた作品。自宅で鑑賞しました。

演技、空気感、謎をちりばめる過程などどれも素晴らしい前編・事件
物語の主人公をはじめとする生徒たちのキャストは大規模なオーディションで選ばれ、演技経験のない新人やエキストラなど無名の役者を中心に集められたそうで、まずこの子たちの演技がなかなか良かった。映画に出てくる登場人物は「演技さえ上手ければ、無名なほどいい」と僕は思っているので、こういう「新顔中心の若いメインキャストを小日向文世などベテラン俳優が脇を固める」といった配役はすごく好みだ。素人同然のはずの生徒たちの演技がリアルに伝わってくるのはきっと監督の粘り強い演技指導があったんだろうな、と想像した。特に主演で役名をそのまま芸名にしたという藤野涼子の瑞々しい存在感と自然な演技はよかった。きっと「セーラー服と機関銃」の薬師丸ひろ子や「時をかける少女」の原田知世が初めてスクリーンに映ったときもこんな感じだったんじゃないかと思う。当時子供だったからこれも想像するしかないんだけど。

前編は少年の死因が飛び降り自殺だったのか、あるいは強制された転落死だったのか、だとすればその犯人は?目撃者は?と物語の展開と共に登場人物が増え、それらの描写がキャラクターの過不足ない説明にもなっていてとてもテンポがよい。自殺した少年、それを発見した主人公の少女、事実を受け止めきれない担任、事件で動揺する生徒たちを心配する校長、校長と対照的に学校の体裁を気にする他クラスの担任、怪文書とそれを投函したとおぼしき目撃者、容疑者となる(警察は自殺と断定しているので正確には容疑者ではないが)いじめっ子、事故を捜査している刑事、行き過ぎた取材を行うマスコミ、などなど。とにかく前編は観ていて名作の予感しかしなかった。原作ファンにあまり評判のよくないミステリ映画が多い中、上映時に話題になったのも頷ける。原作を徹底的に改変して別のエンディングを用意し、裁判編をカットしたらもっとすごい作品になったんじゃないかとさえ思う出来。劇場で鑑賞した人では前編終了後に上映された後編の予告編をもってこの作品のピークとする人もいたようです。

以下は後編と作品全体の感想で事件の真相などネタバレを含みます。

Read more ≫

2015/8/8(Sat)
BLOG

今晩はTBSラジオタマフルに生出演です。

前回出演時かな?

本日はTBSラジオ「ライムスター宇多丸のウィークエンドシャッフル」に出演します。
久々のタマフルディスコ954でのDJです。

今の事務所にお世話になる前のフリーで活動していた頃(世の中的には活動の空白期間ともとれるそんな時期)から定期的に声をかけていただいている番組です。今思えば僕にとってはそれはラジオのオーディオギャラクシーを開始したタイミングとも重なり、今に続く非常に重要な時間でしたが、あまり見向きもされないときに番組に呼んでいただいてすごく嬉しかったのを覚えています。普段のDJスタイルとは多少異なりますが、とにかくこの15分間でどこまでラジオリスナーの耳を楽しませるか、驚かせるか、そして普段遊びにきてくれるお客さんに喜んでもらうか、ということだけを考えていつもセットリストを組んでいます。今回はあんまりまとまりがなさそうだけど僕の耳がおもしろいと感じたやつを中心にかけようかなと思います。

僕が尊敬するアートディレクターであり優れた映画ライターでもある高橋ヨシキさんも出演されるんだよなー。喋りたいなー。あまり詳しくない人はYouTubeで「高橋ヨシキ 水道橋博士」で検索して出てきた動画をかたっぱしから観てください。豊富な映画知識と解説の的確さと分析力に圧倒されると思います。映画を観るのが楽しくなるし、普段観ないジャンルに興味の幅を広げる機会になるかもしれないよ。というわけで、

番組告知リンク
http://www.tbsradio.jp/utamaru/2015/08/127.html

ラジコで聴いてね。是非番組ハッシュタグ#utamaru やいつもの#audiogalaxyで参加を。

2015/6/30(Tue)
BLOG

バカリズムライブ「?!」観てきました。

バカリズム単独ライブ「?!」@草月ホール土曜日のお昼の部に行ってきました。年々テレビのお仕事で忙しくなる升野さんですが、最近では「架空OL日記」などでもすでに片鱗をみせていた脚本家としての才能も世に知られることになり、さらに限られた時間での制作だったことは想像に難くありません。もちろん「それでもやってくれるだろう」というファンの勝手な期待をもって会場に足を運んだわけですが、「?!」はその期待を裏切らない素晴らしいものでした。

IMG_5040.JPG

ステージに登場した升野さんはほんのちょっと痩せていて、ライブが始まる緊張感と相まってちょっと神々しくみえました。でも最初に笑いが起きたポイントをきっかけにそういう笑うのに邪魔になるような気持ちは全て吹っ飛んでしまい、ひとつひとつの言葉や動きに笑わせられてしまいます。繊細な照明の使い分けや新しいタッチのイラストでの幕間映像など、あとから思い起こして語ることはできますが(まあ野暮なのでしませんが)、観ている最中は笑うことで精一杯で感心する余裕もありません。映画をみるにしても小説を読むにしても伏線センサーが過敏なほうなので「あ、これはあとでなんかあるな」「これ一応頭のすみに置いておこう」という楽しみ方をするのですが、升野さんのライブではそんな僕ですら絶妙に忘れたタイミングでキーワードが回収されるので快感と悔しさが混じった不思議な気持ちにさせられます。そこがまた好きなところ。

音楽についてはもう「精一杯やらせていただいています!」としか言い様がないので自分自身のことは割愛しますが、今回のエンディングはMEGさんにダメもとでオファーをだしました。ダメもと、というのも彼女はこの春にロンドンへ移住してしまったので、よっぽどのミラクルがない限り実現不可能だったのですが、今回はうっかりそのミラクルが起きてしまいました。僕が尊敬する女性のひとりで、ときどき一緒になんかやったりする心強い友人ですが、正直助けられっぱなしです。DVDが出来たらすぐ送らなきゃ。会場に来れなかった方も是非発売をお楽しみに。お気づきの方も多いと思いますが升野さんは繊細な歌詞も書けるのはもちろんのこと、テクニカルな部分の字数調整や言いかえも的確なので、ほとんど僕の方では手直していません。言葉が音楽として聴きやすいので歌詞を覚えたあと(オチを一度楽しんだあと)でも何度でも聴ける歌になってるんじゃないかなーと思います。

 

千秋楽後の打ち上げにも参加したけどちょっと飲み過ぎてしまった。反省。

IMG_5038.JPG

カンケさんとは「升野さんは歌がうまい」という話で盛り上がりました。しまださんは今回のライブのDVD化も担当されています。僕が大好きな「オモクリ監督」でも演出を担当しているファン目線で信頼できるテレビマン。

お疲れ様でした!

2015/5/22(Fri)
BLOG

片耳のBluetoothイヤホン


買いました。

道路交通法が6月に改正になり、どうやら本格的にイヤホンをしながらの自転車走行にも”2回以上摘発”という条件付きながら罰金、有料の講習などのペナルティが付くそうです。僕は車の運転は好きなのだけどタクシーが苦手で山手線の円の反対側くらいであれば自転車で移動することが多く、それだけに安全面にもより気をつけて走行しなければいけません。

またそのようなタイミングでなくても以前から両耳カナルタイプのイヤホンで音楽やラジオを聴きながら、というのはある意味公道を耳栓をしながら走行するようなもので危ないなーと思い自粛していたところなので、音楽は諦めるにしてもちょっとした(というよりももはやテキストベースでの連絡が基本の僕にとってのそれは緊急時と言ってもよい)着信を逃さず、Podcastや録音したラジオを聴きながら、かつ安全に自転車で使えそうな片耳仕様のBluetoothのイヤホンを探していました。いわゆるヘッドセットですね。

ものは試しに、ということでBluetooth接続の安定性に定評がある(ほんとにこの辺が製品によりまちまちなのです)PLANTRONICSのやつを買ってみました。

【国内正規品】 PLANTRONICS Bluetooth ワイヤレスヘッドセット M70 Black-Red M70-BR

iPhoneとの接続は一瞬で完了し、操作もシンプル、付属の耳に固定するためのイヤーピースも使わずに耳にしっかりフィットする装着感(この辺は相性もあると思います)、とかなり好感触でした。何よりも新鮮だったのは片耳につっこむだけという今まで買ったBluetoothのイヤホンでも味わったことのないケーブルフリーな感覚。すっかり気に入ってしまい、ここ数日スタジオで作業している時間以外はほぼつけっぱなしの状態です。

片耳なので当然音楽を聴くのにはまったく向いていませんし、ワイヤレスだもんで充電が必要(とはいえ、再生約11時間と同サイズの製品ではダントツのバッテリー持ちのよさ)、ボリュームももうひとメモリくらい欲しいかな、みたいな部分はあるのですが、RadikoやPodcastやそれらの録音ファイルなど喋りがメインのものにはまったく問題なく、そもそも外音がしっかり耳に入るので「自転車での安全性を損なわない」という命題は僕的にはクリアできた買い物となりました。

また小心者の僕はちょっとした買い物でレジで支払いをする際にイヤホンをしたままだと店員さんが気を悪くしないか心配でいちいち外していたのが、これのおかげでラジオ聴いたままでもそんなに嫌な感じがしないので(自分比ですが)気にせずラジオを楽しめるというところも大変気に入っています。

正直道交法的にはまだよくわからない部分も多いのですが、とりあえず自転車のことは抜きにしても良い買い物をしました。

おしまい。

今日紹介したやつと、普段つかってる音楽用のBluetoothイヤホン。

追記
1.オペレーションは英語/日本語/韓国語の中から選べて、バッテリー残量や接続状況も声でお知らせ。
2.ON/OFFがスイッチなのが絶妙に使いやすいです(長押し、とかじゃなくカチっと入れるタイプ)
3.充電はUSBmicroB(Androidに多いタイプ)で2時間充電で11時間再生。
4.目立たないほうがいいと思って黒×赤にしたけど黒×白でもよかったかも。
5.仕事します。

2015/5/12(Tue)
BLOG

hello, world

公式サイトに立派な雑記帳をつくっていただきましたのでこれから少しづつ書き溜めていきます。言葉で残しておきたいことはここで、残さないほうがいいことはAGで、という感じで使わけていきたいと思います。

1190

画像もテスト。先日のASOBINITE!!!GWスペシャルより。朝5時の風景。